今年もお世話になりました。 道具編その2

この竿もお世話になりました。

でも、私的に3PCという以外、正直言ってマリオ竿のドンズバからは外れています。

アメリカでの最後の頃の作品で、見た目というかコスメは好きか嫌いかでいえば嫌い。

凝っていそうで、なにもその跡が無い・・・そんな思いがします、コスメには。

未使用でコルクには紙巻、そのうち販売しようと。

その前に一回ぐらい振ってみよう・・・・と。

その結果、これはKeep。

実際使って、更にう〜〜ん面白い、使ってみたい。

パラボリックなんですが、ライン通さないで振ったとき感じたのは”マス竿”

でも、ライン通したら、唸りました。

ヤマメという感じではなく、イワナ。

これが気持ち良い竿なんです。下手な私が振っても感じる。

さらに魚かけるとなかなかTopがついていくし、曲がるんです、それもコルクの中から。

使ってみないと、やはり竿はわからないですね。

紙の上じゃなく、現場が大事を痛感。

手にして、川に降りるまで、楽しくない竿ですけど、遊び始めた途端に一日が楽しくなる、そんな一本。

まぁそんな竿があっても悪くない。

 

 

お勧め〜 - -
今年もお疲れ様でした・・・道具その1

2018年も無事に終了。

まぁ尻腫れて苦痛の林道歩きの日もありましたが、楽しく笑いながら過ごせて何より。

今年は一本のRodがメインでした。

友人が売りたいという事で、最初預かりましたが、フェルールの接着剥離や修理とか、結構満身創痍な竿で、なかなか難しいので・・・と返却。

でも、店にあるときに見ていたお客様が、その後もう一度すべてを承知で見てみたい!!ということで、再度送ってもらいました。

遠方に赴任している方で、見られるのは11月の終わり頃、帰国したときに。

 

ただ、入院が伸びて、結局は見られないまま、竿だけが店に残った。

退院して、なんとなく、その竿がショーケースの上にポツンと置かれているのを久しぶりに

店を開けて見たときに、なんだかとても嬉しい気持ちになり、また返すのも気が引けるし、何かの縁だから退院祝いか?と。

あくまでも私的な好みですが、竹竿は基本3PCなんです。

これは昔からの拘りでも。

2PCと3PCあれば、迷うことなく3PCなんです、私は。

そんな意味でも、この私よりもお爺ちゃんで、傷ついた竿に愛着というか親しみが。

 

フェルールにはピンが二本も・・・補修あと。

塗りもべたべた。

1topは塗り直してある感じ。

挙げればキリがないけど、やはりLeonard。

醸し出す気品はさすが。

 

レフトツイストのシルク用の小さなガイドはライン通すの大変だし・・・

この年代特有の3PC特徴の長めのフェルール。

今年、最後に釣った全てにおいて2018BestFishだったホームのイワナもこの竿。

1TOPは折れた・・・というより、6面の接着剥離で6本がバラケタ・・・そんな感じで修理し。ついでにグリップも新しく。

竹竿はブランクさえ問題なければ、また塗り直して綺麗に巻き直して、また新しく使えます。

いつまでも一緒に遊べる相棒。

 

来年もこの竿をバットから曲げてくれる魚と出会えると思います。

それまでは、ゆっくり。

 

 

道具 - -
その名もColdWeather

欠品していました"DryBag S”入荷し、こちらも長い間無かった・・・"TroutHunter Tippet 5X”も。

更に、朝晩冷え込んできましたが、そんな時にシャツの上からちょっと羽織れる"ColdWeatherShirts”のBluePlaid

裏には最近のSIMMSで多く使われているワッフル形状のフリースがライニングされていますので、暖か〜〜。

さらに、Coldweatherシリーズの定番"Pants”も。

管釣りなどでも、座ったり立ったりが多い場合にも、ウエストはゴムにより無理なく伸縮しますので、食べ過ぎてもOK。

私もこれかの季節、早朝の散歩はパジャマからこのPantsに履き替えて雪の中でも元気に屋外に。

ぜひ、暖かくして寒い季節も熱く楽しんでください!!

 

お勧め〜 - -
少しだけ ホッと・・・

今日は大学病院に。。。。

お尻の話なので、綺麗な話ではないので、ご注意を。

 

去年の一年前の手術、病名は大腸がん。

初期で11日間の入院計画だったので、NZにでも行っていると・・・・

それが腸閉塞に縫合不全で入院45日間に。

お腹にはストーマーと言いますが、袋?いわゆる人工肛門。

 

それは4-5か月で閉鎖といいますが、戻すことが前提。

でも、それで戻すということは、4-5月に再入院しなければならない。

最大の問題は直腸という便を貯める部分が無いので、排せつ障害になる。

 

ということで、先生に相談”職業柄?10月に閉鎖じゃだめですか?”と。

早いのはまずいけど、遅い分にはOK。

ということで、10月に閉鎖と。

 

でも、このストーマー生活。一日おきに袋を変えますが、快適?

いつも出先でトイレ探したり・・・腸が弱かったので。

不便といえば温泉。

何度か入りましたが、袋を畳んで大きな肌色のパッチ貼って。

 

みんな”そんな〜〜いいわけだよ!!”と言いますが、閉鎖に備えて少しでも肛門の筋肉を鍛えるために、山を歩き、時にはロープまで張ってもらって、分け入りました。

私的には歩いて肛門鍛えるというか・・・

他にも、お尻を締める訓練も釣りをしていても、キュッキュッと締めていました。

(画僧の後姿は私ではありません。こんなゴリラみたいじゃないです)

閉鎖が迫ってくると、この障害が怖い・・・・

このまま、永久にストーマー人生も悪くないかなぁ〜〜なんて。

でも主治医も、お世話になっているN先生も”戻せるんだから戻せ!!”と。

 

覚悟決めて手術をする!!!そう決めました。

 

まぁ他にもいろいろあり、一度大学病院でも見てもらう方のも安心材料ということでそっちにも。

最初にガンの発見は元々大学病院の先生のアドバイスで見つかっていたので、セカンドオピニオンってモノを。

 

前回診療してもらって、25日のCT画像を持って今日再診料の予定でした。

ただ、大学の教授は前回で”閉鎖はもう一年待て”と。

でも、主治医は”閉鎖”

これだと、ど〜したら・・・と不安でしたが、N先生が”戻せ”ということで、やはり気持ちは”戻す”に決まっていました。

でも大学病院の同じ医局の教授が待て!!ということで、やはり上司が待て!!なんですから、手術は来年だな・・・と考えていたら、違う結果で。

 

そして、今日。

”外すそうです”と伝えましたが、CTみて、お尻に指入れて・・・”大丈夫でしょう!!戻して。

という結果。

なんだか拍子抜け。

 

主治医の先生は教授は排せつ障害の患者さんを多く診ていて、その苦労もわかっているし、選択肢の一つとして残す話も出たのでしょう・・・と言っていました。

色々なお医者さんの意見も聞けて、良かったですけど、判断は私ではできないわけで、ちょっと迷ってしまうことも。

 

で、一番聞きたいけど怖い・・・聞きたいけど聞けない・・・

それを今日聞きました。

”閉鎖したら我慢できなくて漏れ洩れなんでしょうか”

ダダ洩れってやつ。最悪はオシメ。

胃と違って、無くなっても再生はしないのが直腸だと。

ネットとかで検索すると、一日30回トイレに通い、もよおすと我慢できなくて出ちゃう!とかそんな話ばっかり。

以前、主治医にその件を話したら”人にもよるし、ひどくない人はネットとか書かないから・・・”確かに。

 

答えは、はっきりは言えないけど、この状態だとダダ洩れは問題ないかと?肛門締まるし。

ただ、排せつ回数は多いよ、少ししか出ないから。。。

この言葉が、私にとって嬉しい一言でした。

 

やはり、山で歩いて鍛えた肛門は強かった?

後は、術後ど~になるか?ですけど、今日は長い間の不安が少し解消しました。

 

この休みは思い切りハコスチ三昧してきます?

 

 

 

日常 - -
WoodDuck

欠品していました"WoodDuck Lemon”入荷。

スタンダードのバンチウイングやカディスのウイングに欠かせないモノですよね!

しばらくは火曜日も17:00まで営業していますので、お出かけください!!

 

お勧め〜 - -
前川さんのネット

ご注文頂いていました”前川ネット

カリンの内径25cm出来上がりました!!

私の花梨と比べると最近のモノはフレームがダークトーンになって渋め。

大きさもスタンダードな内径25cm。

私は内径27cmを愛用していますが、この辺は好みで。

 

27cm内径も以前は全長で40cmでしたが、最近は38.5cm。

グリップ部分が短くなっていますが、バランス的には丁度よい感じ。

この25Modelも良いバランスと。

 

以前のモノと比べ、前川さんの特徴でもある繊細さを失わない程度に強度を増してもらっているので、私の荒い仕様でも5年間問題なし。

その間に塗り直しと網の張替はお願いしましたが、竹竿もそうですが素材が問題なければ、塗り直したりして、長い間お使いいただけます。

 

今なら納期は1か月ほど。

解禁が近くなると込み合いますし、前川さんもイヴェントの出店などで、納期はすこし頂くことになります。

いまがチャンス!!でもありますので、ぜひ”前川ネット”を背中に2019年のシーズンを!!

 

25.27更に大きなモノまで、ご相談に応じますので、お気軽に。

 

 

 

お勧め〜 - -
寂しい秋・・・

毎年、イヴェントの秋でした。

でも、ひょっとしたら年末に手術をするか?一年先に延期か?

私の判断ではないので、お客様にもメーカーさんにも迷惑かけてしまうので、予定は入れていませんでした。

昨日、結論出まして、年内に手術決定。

 

まぁ早く終わらせて、スッキリ春を迎えて、リハビリとして里川でヤマメと遊び

 

夏からは山にイワナ!!(魚は水に入っています、ご心配なく)

そんな生活をするために、これが人生最後の入院となることを。

 

ご心配なく、前回は8時間という長い手術でしたが(本人は麻酔で寝ていて気が付きませんけど)今回は2時間ぐらい。

やはり、人間の身体は自然が一番・・・ということで。

 

来月に最終的な入院の説明を受けてから。

またはっきり決まったら、店も休みますので、連絡させて頂きます。

でも、今から家内にレジの打ち方教えて、休まないで・・・・とも思いましたが、ロロとクリスの散歩もあるので、無理かなぁ?

 

逆に家内が居たほうが売り上げ伸びたりして?

まぁまた、しばらくは無収入生活ですね、ハハハハ。

 

本人至って元気です。B型で更には超ポジオヤジですから、ご心配なく。

 

日常 - -
もじゃもじゃマテリアル

"SCOTT F”フリフリも終了。

結局、想定内のことと想定外でした、私的に。

多くの方に体感して頂き、有難いことにご予約を頂きました。

集中するModelは思った通りでしたが、二番目に好評であろう。。。と考えたModelは予約なし?

面白いですね・・・・

これは多分、店の特色出たりするのでしょうね。

 

驚きは”これかぁ・・・”と思っていたModel583がドンズバだったり。

まぁ短いですからマニアックですけど、そこをくすぐりなかなか良い竿に仕上がっていました。

 

引き続きF724/4のDemoが出来上がってきましたら、また。

ご予約いただいたRodが入荷するまで”特典予約”続けますので〜〜

 

今日は欠品していたマテリアルを補充。

ダンビル3/0モノコード

大き目のフライ、管釣りのマラブーとか、しっかり巻きたいとき、私は主にハードシェルアントの下巻きなんですけど。

EZ プライヤー

プライヤーとしても使えますが、フライの画像撮るのに使ったり、テンション掛ける為。。。等々価格以上の働きします。

ストライクアウト

本来はインジケーターですが、私はミッジのポストに最適。少量で驚くほどよく見えるし、軽いので。

 

そして”ヘアーズイヤープラス ダブ

ウサギの耳の代わりに、これと”ヘアーズマスク ダブで代替えはOK

どちらかというとマスク ダブの方が獣毛でプラス ダブは少し化繊のアントロンなどの配合で化繊っぽいです。

これらをお好みの色に混ぜ込んで、お好みの色合いに。

ドライのダビングにもマスクダブは良い感じに。

両社の使い分けは、マスクダブで大体の好みの色にしておいて、1/5ぐらいプラスダブを入れてアントロンの光を活用する場合。

それからヘアーズイヤーなどスタンダードのニンフはマスクダブ

フラッシャブーでリビングしたフェザントテールなどのソラックスには強調する意味でもプラスダブでソラックス作ったり。

 

それと補充したいモノに”ウッドダック”

もう届いても良いのですが・・・・遅れています。

入荷次第Upしますが、祈るしかない今日この頃

 

お勧め〜 - -
嬉しい・・・・

いよいよカーフテール無くなって、今年も後半は売り物にならなかったB品でなんとか凌ぎましたけど・・・・

ちょっと必要になり困ったなぁ〜〜と相棒に。

すべて選別済みの極上?こんなにストックしていたのね・・・・

ということで、分けてもらいました?勿論、購入したんです。

白のカーフテールなら、なんでも良い訳ではなくて・・・・

余りに販売したくない品質が多く、それを価格に転嫁すると高くなりすぎる。

まぁそんなこんなで入荷ありませんが、近いうちに入れようかなぁ・・・と。

でも、店売りのみになると思います。

本数的にそんなに入らないし、入っても1/3はB品扱い。

 

まだ”ストックあるから譲るよ”という方もいるので、自分用は当分はOKかな。

今回、5本Keepしたので、1年は安泰

道具 - -
補充と想い出

イワナは相変わらず背中に鎮座する神様が・・・・・

今年活躍した二本の竿。結局二本とも折れた!!

まぁ37Hは最初から昔繋いだTopだったので、そのうちに折れるかなぁ?でしたが、案の定。

ここで終わり!!って場所で折れたので、まぁラッキー。

もう一本は私よりも長生きしている竿ですから、何かあるかも?と思っていましたが、ある時にパン!!と。

折れたというより接着剥離のような6面が綺麗に剥離。

使えば何かしらあります。古いモノは特に。

37HはスペアのTop、Tounamentは接着して、補強巻き、それで来年も活躍間違いなし。

 

自分の怪我や事故を竿が背負ってくれた・・・そう考えれば”ありがとね!!”で。

 

21日(日曜)まで”SCOTT F”Demoフリフリ Party開催していますので、ぜひ!!

G773”もDemoありますので、こちらも体感してみてください。

振りり比べて思う事はGにも共通していますが、前のモデルと比べると全体的にしなやかに。

F2も個人的には#3指定も、#4にしたほうがバット曲がって”らしさ”を強調して楽しめましたが、今回のFは#3は#3.

そのままで、十分に”らしさ”感じられます。

 

面白いなぁ~~と思うのは"F583”

72は#3も#4も多分、優等生的なモノ。

583は”これ面白ヤツ!!”と思っちゃいます。

まぁあまり売れないでしょうけど・・・・

 

今日は”カリタさん”の補充と好評の”Midlayer Top”の補充。

薄くて、裏地はワッフルで空気を蓄えてくれるので、冬はこれにインシュレーションの入った薄手のジャケットで対応できそうです、ある程度の動きある場合には。

私も今年は新しく"GuideThermal”年間通して、夏でも愛用。

厚いですが、クッション性良く、楽でした。そこまで厚くなくても・・・という方は”Mid”を

これからの季節、特に暖かく快適なソックス。でも、繰り返しますけど、私は夏でも愛用。

来年は私もF724か583でイワナ釣り楽しみ。

 

 

 

 

お勧め〜 - -
<< | 2/344 | >>