背中が重いと思ったら?

今週火曜はゴルゴさんと。

釣り上がって叩いて釣れた!!というより、やはりイワナは見て釣ってもらいたい。

こちらも、真剣に見つけます。

これには天候と時間が大いに関係しますので、その辺を間違えなければ大丈夫。

この日も、その時間帯には何匹も日光浴していました。

 

とはいえ、なかなかこれが。。。分かってもらえない・・

まぁ慣れなんです。テクも無ければ、何もなく、慣れ。

見えないことにあまり気落ちしなくても大丈夫!!

 

その点、横浜の師匠は最高に面白い。

”ほれ、あそこ〜〜”と指示しても”見えない、全く見えない”と素直に。

かと思えば見えてないのに、見えたふりして、関係ないところ投げて、逃げていく姿で始めて”あっ居た!!ということも。

今年はこんなサイズで良しとしないと。。。と。

でも、このヒレ。かけた後は結構大変。必死に岩の下に入り込もうとしますから。

やはり#4が私にとっては不可欠。

風があろうが、勝負は一回ですから。ワンキャストで魚の目の前10cm以内ですからね!

私の順番でも上流に浮いている場合は、そく交代して狙ってもらって、ゴルゴさんにとっても楽しい一日になればOK。

途中、キャスティングや立ち位置もろもろ練習して、さて釣りますよ~~少し!!

 

で、小さな落ち込み。

魚は留守でしたが、フッと横見ると倒木。えええ?二度見する。

ただ横の後ろは倒木、それもせり出した・・・

上流なら交代できるけど、横なので動けば逃げる・・・ということで、続行。

 

魚って不思議で、何もしていなくても、例えば結構な距離離れていても、何か感じるんでしょうね?

見つけたら即投げる、これも鉄則。

 

チャンスは一回。

まぁ修羅場はそれなりに経験していますので、魚の前5cm。

食ったのを確認して1.2.で合わせる。

心配なのは奥にフック掛かっていると、ティペットが歯で切れることだけ。

最初は34〜5かと思っていたけど、ネットに入れたら大台の重さ。

 

ふぅ〜神様に感謝。

 

翌日はA君、希望であまり歩かない・・・

予定の場所はすでに車が止まっていたので、その下流を。

初めて入る区間でしたが、ダイナミックな渓相で、晴れ渡る中気持ち良い一日。

雪代が一番落ちるのが遅い川なので、他の川はすでに渇水ですが、ここはまだ下がりきっていないので、ラッキーでした。

来週は私も修行の火曜日に。

まだまだ色々なこと学びが必要なので・・・・

普段は”あ〜して、こ〜して”と言っていますが、この日は逆に”投げる前からドラグ掛かっているぞ!!”と叱られるんでしょうね!

有名講師を招き、それも二人。先生二人、生徒は私一人という贅沢な学び。

天気が晴れることを祈るばかり。

 

やはり、幸運なことに、まだ背中には”イワナの神様”いることを再確認。

ヒップパックにして、肩の重量は軽減されたけど、あの重さは違う重さだったのか。。。と。

神様!!お願い、すこしダイエットPlease〜〜

 

釣りに行ったよ - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>