さて帰るか・・・・

これから山のシーズン。

釣り上がったら、帰りがあるわけで、林道にすぐに出られる場合もあれば、川通しに帰ることも。

私の場合、半分半分かなぁ。

最近のRodは4pcがメインになりますよね?さらには上流を目指す場合には6pcとか。

pcの数を多くなればなるほど、竿を畳んでの持ち歩きは、一本落としたり・・・・

今までは付属のライナーを持ち歩いて、帰りにそれに仕舞う。それが無くさない方法でした。

岩でRodを傷つけたりすることも防いでくれます。

でも、濡れたり泥が付いたり、そのままケースに入れるのも気が引けます。

特に素材がBambooだったりしたら、濡れたライナーに入れたまま、アルニケースに入れる・・・良いことではないです。

そこで”RodBag”

Bagにテーパーついていて、先端もぶらぶらしませんし、便利です。ライナーだと紐とかついていないと輪ゴムとか使って丸めるしかない。。。

本来はReelも付けたまま収納するようになっています。

この状態だと、ACROPOLIS取り扱いのMサイズだと8ft/4pcまで収納。

でも、私はReelを保護する意味でも、Reelはベストに中に入れます。

Rodのみであれば、ギリギリ7’6”/3pcまでBagに。

 

Rodの保護、携行しやすさ、紛失防止に"RodBag”便利ですよ。

色は三色。

お勧め〜 - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>