マジ?癌って・・・その3

なんだか三話に渡ったこの話、逆に心配させてしまった感も・・・・申し訳ありません。

私としては、こんな症例であり、なんだか変だな?と感じたら、素人判断しないで医療機関へ

これが一番お伝えしたいこと。

 

幸い私は初期ガンで、根治治療ということで、退院後も抗がん剤とかも飲むこともありません。

ただ今は人工肛門閉鎖に向けて・・・が不安というか自分のお腹の中がどんなことになっているのか不安。

 

そうそう不安と言えば、家内が冗談で”手術後に麻酔から覚めて、他の女性の名前とか呼んだら笑うよね・・・”と。

何気ない冗談で、そんなことはあり得ない、でも麻酔って朦朧とするというし、万が一ということもある。

それが気になっていまして、不安でした。

 

手術前、麻酔の先生が来た時にすぐに”すみません、質問あります”と。

”麻酔はどこで覚めますか?”

”術後、ここで覚めて、問題ないことを確認してから、HCUなり病室に行きます”

不安すべて解決でスッキリ!

安心したこともあり、初めての手術室の広さと寝る手術台が小さいことに気が付く。

 

余裕もでき、麻酔にかからないぞ!!っと挑戦するも、2秒で落ちる。。。

 

でも、この癌治療からの入院で良かったことも?

禁煙。

正確には一週間に一本吸ってます・・・・

相棒が美味しそうに吸うんですよ?

煙も嫌いじゃないし、色々問題になっていますが私はあの香は好きです。

ただ、喫煙時から食事時などは、禁煙席を取りますし、旅先のホテルも。

とはいえ、あの漂ってくる香りはいいですよね。

なので、相棒と釣りに行ったときは”一本くれる?”と。

タバコの持ち歩きや替えが無いときのイライラ、そんなことが無い今は快適。

多分、このまま禁煙すると。

 

ということで、私の人生初めての入院の経緯と現在。

あまりにも火曜日が不安で、書いてしまったような感ありますが、ど〜ぞ皆さんお身体第一で。

 

日常 - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>