お試しあれ

ドライフライに渓魚が出てくる・・・まぁこれ醍醐味。

それは私も認めます。

でも、活性低かったり、先行者の後追いだったり、そんな時に是非ちょっと違った釣り方も新鮮ですよ?

私の場合、上記のほかに”ここに居ないのはダメじゃない”そんな時に。

システムの変更やなどはなく、付けたマーカーを外せば、また釣りあがれますし。。。。

深いプールなどには向かないですが、基本ドライフライを考えたときに”良いポイント”と同じ場所で有効。

初期のこの手のフライは魚も動きが悪く、目の前に来たものは捕食しますが、それには繰り返しのキャストが必要となりますが、今の季節は積極的に捕食しますので慣れない方でも、入りやすいです。

キャスティングも重いフライではないので、ドライフライ感覚ですしね!

 

お勧めは”フロートドゥ

Airflo社での製造で、すでに製造を中止したので、手に入るのはOEM製品のこれ。

浮きの必要はあまりなく、あくまでもフライの位置確認とアタリ。

色は二色必要で、どちらかを必ず自分で決めた上下に色分けします。そのことにより、フライのドリフトも確認できます、これ重要ですけど。

取り付けたら、FlotDoをドライフライに見立てて、ナチュラルドリフト!!

これやり始めて、魚の反応したときのFlotDoの反応に快感を覚える方も多々。そして病みつきになります。。。

私はブロックのままで持ち歩くと、使うときに小さく切りますが、その時に指先に残る。。。結果、グリップに着いちゃう。。。なので、米粒大にあらかじめ。

 

これとハードシェルアントの組み合わせは、夏の楽しみでもあります。

ぜひ、お試しください

 

お勧め〜 - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>