春ですから・・・・

シャツの入荷で、店の一角だけは”プリマベ〜〜ラ”

ACROPOLISお勧めは、やはりコットン素材。

水辺での遊びなので、化繊などの乾きが早いモノは助かりますが

でも、コットン、天然素材。

着心地と風合い、やはりコットン。

日本の湿度では、汗をかいたときに絡みつくあの感じ・・・ど〜も化繊は私的に

快適では場合の方が多いです。

勿論、使い方ではありますけどね!中流域から上流域での遊びならコットンをお勧め。

"Transit”

これはオーソドックスなシャツ。

背中も開いていませんし、普通。でも飽きの来ないモノ。

"Deceiver

以前もこの形がありましたが、胸ポケットの下にベルクロ止めのスリットポケット

あって、旅に出るときとかでも重宝。

私のシャツも長いモノで10年。そろそろ新しいモノ欲しいのですが、なかなか

SIMMS Shirts丈夫です。

白いシャツは洗濯しても落ちない汚れ沢山ありますが、ぞれもまた思い出。

どちらも裾の内側にレンズ拭き。面白い発想ですが、便利かも?

カーキやアースカラーというのも、良いとは思いますが、遊びですから

明るめな色はいかがでしょうか?

若いころは、何色でも・・・・年を重ねてからこそ、明るめなこんな色を。

 

ナイロン素材も”Clinch Shirts”扱っています。

用途に応じて。

 

 

お勧め〜 - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>