笑って泣いて?弥次喜多の旅

もう何十年続く道中・・・

コロナの自粛で今回がダメなら6月は止めましょうと。

なんとか解除になり、例年より2週間ぐらい遅い旅。

 

今回も腹の底から笑いました、毎日。

 

行った日と翌日は運よく晴れ間の中で。

本来は6か所巡る予定でしたが、結果的には竿を出したのは3か所に。

見事に渇水していて、予定は未定で。

 

結局水を求めて沢に入るしかなく、相方にはキツイ釣りだったかも。。。。

木にかけては、リーダー直す。

”時間あるから、ノンビリやればいいよ!!”と。

で、時間かけて"よし!!出来た!!”と投げれば、また木に掛ける?

それも同じ場所。。。

 

もう笑うより、悲しさが漂ってます。

”なんで、俺はイワナなんだべ?”と言いますが

”当然でしょうイ様の居住区にフライを入れるから、簡単明快!!”と。

正直、渇水の流れは、ヤマメの居住区にフライを入れてもイ様が元気なことは確か・・・

それでも綺麗なヤマメが何匹か遊んでくれて、好スタート。

しかし、水曜から雨が・・・・

恵みの!!と思いきや、夜は集中豪雨的に。

 

目指す川は、何とか濁りはクリアー出来ても、相棒が歩くのにはヤバい状況。

そうなると沢に向かうしかなく。

 

お気に入りの沢では、いいヤマメ掛けたんですけど、枝にTop絡まって外れた・・・

でも、この増水でチャンスは来る・・・と。

翌日、川について唖然。

この間、ほとんど川の中を歩き、水の厚いところだけフライ入れたのに、今日はフライ置く場所無し・・・

このまま進むか?悩んだので、見通しの良いところで相方に”行けるかの判断を自分で・・・”と。

 

”これならいける!!”ということで、少し進むも雨は激しくなり、流れは狭まり最終的に私が”もうだめ、帰る!!”と。

 

帰りの車の中で"Nonちゃんが帰ると言ってくれて良かった・・・・無理だった・・”と。

何年一緒にいるのか?悲しい。

そんなこと、言えばいいのに。

ダメなんて、言うわけもなく、すぐに帰ったのに・・・

でも、それぐらい凄い雨による水量。

しかし、濁らないというのが、やはり森の力なんでしょうね?

 

いつもの他の川は”雨降ったらあそこへ”という場所でしたが、伐採進み、みごとに茶色だったし。

 

着替えて、うどん食べて、終了!

 

勿論、沢山釣れれば嬉しいけど、こうして二人で旅がまた出来ることで満足。

病気が分かったときは”釣具屋が釣りに行けなくなるのかなぁ?”と。

生きる死ぬというより、それが心配でしたが、こうして今年も。

 

ほんと、弥次喜多道中〜〜

 

釣りに行ったよ - -
背中が重いと思ったら?

今週火曜はゴルゴさんと。

釣り上がって叩いて釣れた!!というより、やはりイワナは見て釣ってもらいたい。

こちらも、真剣に見つけます。

これには天候と時間が大いに関係しますので、その辺を間違えなければ大丈夫。

この日も、その時間帯には何匹も日光浴していました。

 

とはいえ、なかなかこれが。。。分かってもらえない・・

まぁ慣れなんです。テクも無ければ、何もなく、慣れ。

見えないことにあまり気落ちしなくても大丈夫!!

 

その点、横浜の師匠は最高に面白い。

”ほれ、あそこ〜〜”と指示しても”見えない、全く見えない”と素直に。

かと思えば見えてないのに、見えたふりして、関係ないところ投げて、逃げていく姿で始めて”あっ居た!!ということも。

今年はこんなサイズで良しとしないと。。。と。

でも、このヒレ。かけた後は結構大変。必死に岩の下に入り込もうとしますから。

やはり#4が私にとっては不可欠。

風があろうが、勝負は一回ですから。ワンキャストで魚の目の前10cm以内ですからね!

私の順番でも上流に浮いている場合は、そく交代して狙ってもらって、ゴルゴさんにとっても楽しい一日になればOK。

途中、キャスティングや立ち位置もろもろ練習して、さて釣りますよ~~少し!!

 

で、小さな落ち込み。

魚は留守でしたが、フッと横見ると倒木。えええ?二度見する。

ただ横の後ろは倒木、それもせり出した・・・

上流なら交代できるけど、横なので動けば逃げる・・・ということで、続行。

 

魚って不思議で、何もしていなくても、例えば結構な距離離れていても、何か感じるんでしょうね?

見つけたら即投げる、これも鉄則。

 

チャンスは一回。

まぁ修羅場はそれなりに経験していますので、魚の前5cm。

食ったのを確認して1.2.で合わせる。

心配なのは奥にフック掛かっていると、ティペットが歯で切れることだけ。

最初は34〜5かと思っていたけど、ネットに入れたら大台の重さ。

 

ふぅ〜神様に感謝。

 

翌日はA君、希望であまり歩かない・・・

予定の場所はすでに車が止まっていたので、その下流を。

初めて入る区間でしたが、ダイナミックな渓相で、晴れ渡る中気持ち良い一日。

雪代が一番落ちるのが遅い川なので、他の川はすでに渇水ですが、ここはまだ下がりきっていないので、ラッキーでした。

来週は私も修行の火曜日に。

まだまだ色々なこと学びが必要なので・・・・

普段は”あ〜して、こ〜して”と言っていますが、この日は逆に”投げる前からドラグ掛かっているぞ!!”と叱られるんでしょうね!

有名講師を招き、それも二人。先生二人、生徒は私一人という贅沢な学び。

天気が晴れることを祈るばかり。

 

やはり、幸運なことに、まだ背中には”イワナの神様”いることを再確認。

ヒップパックにして、肩の重量は軽減されたけど、あの重さは違う重さだったのか。。。と。

神様!!お願い、すこしダイエットPlease〜〜

 

釣りに行ったよ - -
初イワナ

今年は遅れた山の現場。

ホームの作業所を巡った先週。

 

去年の大雨により、変わった渓相。

また始めからやり直しの作業。

マンネリ化も感じていたので、これはこれで新鮮なのかも?

 

今年から加えた"SIMMS DryCreek Hip”

というのも、ベスト重すぎ?

いつもだと、お山の現場の場合、ベストの背中に1Lの飲み物と軽食を入れる。

まぁ入りますが重いし、なにより動きにくい。

前面とのバランスは取るように考えると、後部と同じに前面も。

そうしないと、例えば後ろだけ重いとベストが後ろに引っ張られるし、逆に軽すぎると前に重量掛かり過ぎて、首肩痛い。

 

前後のバランスは大事。

そんなことで、飲み物と軽食、作業場まで歩く間はカメラもHipに入れてみることに。

これが実に軽快。

 

あまり深く水に入ることは無いけど、防水だと気にしなくて済む。

万が一の雨でも安心。

 

今後歩く場合は、このスタイルで決定。

ベストとの組み合わせですけど、ヒップとスリングでの併用なら一日中山の中で過ごせそう。。

 

水曜日は違う作業所を巡りましたが、途中で発見!!

山菜は食べるの大好き!!特にワラビと根曲がり。

でも、採るのは好きじゃないというか、わざわざ山菜だけを採りに行くほど好きじゃない。

今回、林道わきで見つけた根曲がり。採ってみたら面白い・・・

渓に降りても、イワナのポイントより、根曲がりありそうな場所に目が行っちゃう?

癖になりそう?

 

肝心の作業内容ですが、今年も安全でTQC実行しながら良い仕事できそうで一安心。

もう少しプリプリになる、これからに大いに期待。

イワナ可愛い〜〜ヤマメで疲れた?身も心も癒してくれます。

あとは、しっかり食べてプリプリに。

今週はいよいよ来るか?オオマダラ。

ホーム巡回は今週も〜〜

釣りに行ったよ - -
なんともいやはや・・・

なんだか嫌なスパイラルに?

店を始めて2年目だったか?月曜になると雨降って!!

釣りって、当日の天候より、前日の天候が大事。

で、今週も・・・・

火曜は今にも降りだしそうで、その時点ではまだ期待。

現場近づくと、雨が降り出し、それでもまだ期待。

問題の時間になるも、いつもならガガンボとかチラホラなんだけど、皆無。

 

マエグロぐらいは・・・・一匹も出ない。

当然、期待の波平も。

 

土日はドッと出たというけど、結局一匹のハッチしたモノは見えない。

待つこと2時間。。。。何もなく、移動した先はドロドロ。

なので、戻ることにしたけど・・・すでにそこもドロドロに。

 

雨に濡れ、広い河原で濡れネズミ。

手前の浅場でペチャペチャやっているけど、小さいなぁ・・・

もうなんでもいいやという投げやりな気持ち。

そんなのは簡単に食ってきて・・・やっぱりなサイズ。

結局今年の一匹がコレ?

その後、何匹釣っても、このサイズ。

なんだか暗雲垂れこめるスタート。

水曜日は朝から暖かく良い天気。

でも、恒例というか回復すれば突風です。お決まり。

水位計で見ても現場は50cm増水。

 

そんな現場。

来週、リセットして、新たに?

釣りに行ったよ - -
渓流終了〜〜

2019年、私のシーズンは終了。

最終の二日間、良い〆になりました!!

 

その前にお知らせ。

10%ポイント加算は、引き続き行います。

ただし、ご注文は30日の17時までの分は発送可能ですが、それ以降は10月の半ば以降に。

10/1より中旬ぐらいまで、以下日時以外は店舗は休ませて頂きます。

4日(土曜)

5日(日曜)

14日(月曜 祝日)

上記は12:00〜16:00のみ営業します。

家内が店を開けますので、Usedや詳しい商品の説明などは分かりませんけど。。。

お時間ありましたら、出かけてあげてください!!よろしくお願いします。

 

Hpからのご注文は、お受けできますが、発送は中旬以降となります、ご了解ください。

その間も”10%ポイント加算”は行います。

中旬以降、開店まで。

 

新しい"SIMMS Boot”の履き心地は後でまた詳しく。

二日という短い間でしたが、良いテストにはなりました。

今年は水が多いところと少ないところがハッキリしています。

この二日間は、渇水状態の地域でした。

一日目は霧雨、二日目は晴れ曇り、そんな天気でしたが、楽しく笑いながら終了。

渓へのアクセスは苦しみもありましたが、ともに頼れる隊長方がサポートしてくれましたので〜〜

初日はお気に入りの場所。

イワナも黒くなり始めて、秋深し・・・って感じ。

いつも魚の少ない区間に大きいのが入っていて、焦ってすっぽ抜けとか!!

期待の区間は、なんとなく魚を抜かれているような・・・

何時も無い履み後が、しっかりあったり?

来年が心配。

放流は無く、自然の状態の渓ですので、何とか復活を期待します。

 

二日目は開けた渓

やはり開けているとイワナもまだまだ綺麗で、お気に入りの体色のイワナも。

ただ、上り下りは30分ほどですが、途中まで踏み後も無く・・・

ちょっと休んでいると隊長が居ない・・・・安全なルートを検索中。

無事に降りると、綺麗な渓が待っていますけど、また昇るんですよね・・・

そんなわけで、二日間とも笑いあふれる現場。

来年も元気に訪れたいなぁ〜〜無理かなぁ・・・ちょっとシンミリしたラストでした。

釣りに行ったよ - -
痛かった旅 その2

9/23(月曜)祝日はお休みを頂きます。定休日と合わせて23-24-25日休みです

25日まで”10%ポイント加算を行っていますので、ご利用ください。

 

釣りの方は一日目は渇水でしたが、まぁ何とか釣りになりそうな?

着替えていると、何かごそごそ?

"Nonちゃん、Reel忘れた!!”って。マジ?

これでいい?CFO123と聞けば、壊したら怖いから違うの・・じゃぁこれFetherWeight、それも怖い?

ということでCFO1に。

私は左手巻き、先輩は右巻き。バッキングから無理やり反対に回して右巻きに。。。ふぅ。

 

沢ではキノコと山菜採りの人たちが、川の中を縦横無尽に歩き回り、我々を見つけると、上流から川の中を歩いてニコニコと。

しかし、色々聞かれるけど、ほとんど会話が成立しない?

言ってることが分からない・・・・青森ナンバーと秋田ナンバーの方々ですけど、会話は一歩通行。

キノコとミズを取っていることは分かったし、上流に行けばイワナが釣れるし、下流に行けばヤマメが釣れると。

ようするに、なんでこんなところにいる?何でしょう?

水があるときは、イワナの住処とヤマメの住処がハッキリしていたので、ヤマメの流れを釣っていれば、ほとんどイワナの顔は

見ないのですけど、元気いっぱいなイワナに遊んでもらい、下流に移動して立て続けにヤマメを先輩が釣り、まぁホッと。

そして、その晩の鼾地獄。

 

翌日は雨が降る予報でしたが、クボタさんを出るときには霧雨程度。

それでも、期待して山を越して。

いつも入渓する場所は目の前にいい流れ。

でも、いつも魚居ない。。。

しかし、その日は釣れた?

”こりゃ〜出ちゃうかもよ”と言いながら進むも期待とは裏腹に沈黙。

そんな中でも、先輩にも綺麗なヤマメ釣れて、それが25cmぐらいでしたけど、結構あたふた?

”ここのヤマメ、引くよねぇ〜”と。

そんなんで、尺ヤマメ釣れたらど〜なるのか?先行き不安。

で、上流を釣って、私のお気に入り区間を今日の最後に。

いつも結構な確立で浮いている場所二つ。一つ目は沈黙。二つ目は見事にウキウキ。

振り返ると20m下流に先輩の姿。

釣っちゃうかなぁ〜と思いながらも、留まって先輩を呼ぶ。

画像では底まで見えますけど、目視ではなかなか見えにくい。

魚の場所を教えるが”見えない・・”と。

結構やる気あってチャンスなんですけど、何時いなくなるか分からないから、場所と流れを指示してトライ。

でも、微妙にドラグ掛かっているんです・・・・

そんなフライを追ってきたヤマメ見て”だめだめ、デカいよ”

そこからは全くキャスト決まらず。案の定投げすぎて沈める。

”ちょっと、もうだめ、交代!!”って、もう居ないよ・・・・

 

翌日は私の個人的な感想ですけど”最も綺麗なヤマメが住む沢”へ。

いつも良い下流は反応なく、諦めて掛けていました。この上からはイワナが元気になる地域?

でも、いくつかある深み、その最後ぐらいの場所で、まぁ綺麗なヤマメを。

画像が下手なので、綺麗には撮れていませんが、実際はきめ細やかな肌で、紅をさしたヤマメ。

まぁ今回はこれで終了とも。

痛みもマックスで、先輩おいて帰ることも考えましたけど?

早めに上がって、町で赤ちゃん用のドーナツ枕を探すも、あったのは真ん中に穴の開いた座布団。

でも、これで相当すくわれ、家内の行きつけの皮膚科も土曜日の午前中は診療しているという事で、旅を続行。

そして、私の最終日。

6月に綺麗なヤマメを釣った場所に。

しかし、渇水で相変わらず元気なのはイワナ君。

先輩が一匹だけヤマメを釣って終了。

居残る先輩を宿に残して、一路帰宅。

途中、激痛で何度も休憩しながら、なんとか帰宅。

土曜に病院に行ったら”ここまでになると、処置の施しようが無い・・・”

ということで、抗生剤と抗生物質の軟膏塗ってガーゼで終了。

 

しばらくは、激しい運動は禁止。

ということで、今週は地元のラストなんですけど、安静に。

来週はなかなか激しい?イワナ釣り三連戦なので。。。。

という痛い旅でしたが、その後居残りの先輩も尺ヤマメ釣ったようで、良かった!

クボタロッジ、さんりんしゃ、どちらも”中越さん、来年お待ちしています!!”と言われていました。

何と答えるか?興味津々でしたが、なんだか曖昧な返事していましたが?

毎年、最後だから何とか・・・と、極力良い場所は譲っています。

しかし、考えるとこれ作戦?帰るかえる詐欺?

 

釣りに行ったよ - -
痛かった旅・・・その1

9/23(月曜)祝日はお休みを頂きます。定休日と合わせて23-24-25日休みです

25日まで”10%ポイント加算を行っていますので、ご利用ください。

 

秋の釣りは難しいです。

大きくなくても良いから綺麗なヤマメ釣りたい。

そして、この季節ですから、婚姻色になり始める季節ですけど、あまりそれに染まった魚は気が引ける・・

秋入りに染まり始める、レッドバンドそんなのを一匹で良いから・・・

そんな求めるモノが多すぎなんですよね?

 

でも、今回は体調的に最悪な旅でした。

私は身体に粉瘤というのが、お尻と背中にあります。

まぁお医者さんも”別に問題ないから・・・”と20年ぐらいまえから放置。

旅の前の週、林道の足場板で足を滑らし、両足をはらわれ、粉瘤から尻もちをついて、少し腫れていたのは承知。

それが、7時間以上の運転で悪化。

更には初日の”久保田ロッジさん”は満室状態で二人一部屋。これが悪夢の始まり。

殆ど寝ないで運転してきて、釣りして、さて爆睡!!

というところで、”私、今血圧高くて鼾かくのよ・・”と、宣戦布告。

これがまぁ凄い・・・・ほとんど眠れず。

 

そして、翌日から粉瘤の腫れが痛み始め、歩くのもキツイ。

ましてや、丁度お尻の頂上部分に腫れがあるため、車の運転が地獄。

二日目の晩はいつもの”さんりんしゃ”。あまりの痛さに持っていた抗生剤を夜飲んだけど、これがまた地獄。

私、以前にも抗生剤飲むと不眠になるのことを分かっていたけど、今は睡眠より痛み。

案の定、一睡もできない。

 

これで3日間、ほとんど睡眠時間無い状態に。

いやはや、痛いし、眠いし、なかば朦朧と渓を歩いていました。

なんとか、相棒に綺麗なヤマメを・・・と足を引きずりながら。

 

その結末は次回。

 

釣りに行ったよ - -
9月・・・・

現場に行っていないわけではなく、毎週せっせと仕事しています?

しかし、結果が伴わない・・・・

どーやら、背中にいたイワナの神様も、嫌気がさしたのか?もう居ないみたい・・

 

先週はやっと水が落ちたと思ったら、微妙に高い。

あと5cm・・・この壁が。

上流に進むのにも、ルートを選ばないとヤバイ。

同行者さんも、疲れ気味。

途中で断念するも、見事に沈。

この場合、悲しいのはパンツまで濡れたことより、こっちの方みたい?

で、今週。

ホームが水があるので、相当殺戮が繰り返されているようで、7月以降鳴かず飛ばず。

なので、少し探索しているのですが、これがまた?

高度が高くないので、森の中を歩くにも湿度が凄いことに。

このベストの背中・・・濡れてますし。汗だく。今年一番の汗まみれ。

火曜水曜と同じ場所に行きましたが、敗因はハッキリしています。

林道の最後まで行って釣り上がる予定で行くけど、二日ともメゲて途中から川に降りた・・・・

火曜は良い魚出たけど、緊張感持続せず外れる、切れる。

水曜は途中で入ったら、すぐ上に先行者。

また登山道に戻り、行き止まりまで歩く。

最初からそこから始めていれば・・・・と後悔しきり。

でも、同行者さん考えると、それも無理そうでしたけど
秋は難しいですね。

来週はヤマメ ウイーク。

とはいえ、9月にいいヤマメ釣れたことなし。

まぁ、この旅はまた違った意味の旅なので、楽しんで来ようと思います!

 

皆さんも、安全に楽しく締めくくってください!!

釣りに行ったよ - -
16.Aug.2019 雑記

私にとって山は遊ぶ相手が居てくれるから行く。

晴れた日の頂上からの眺めは、素晴らしいだろうなぁ〜と思うけど。行かない・・・行きたくない!

疲れるし・・・そこに釣りが無いなら行かない。

 

でも、前回も思ったのですが、先日改めて”登ってみたいなぁ・・”と。

群馬と新潟の県境にそびえるその山。

聞けばルートは新潟県側。

そこは昔、何度となく通った川のすぐそば。

その時も見ていたと思うけど、そんな気持ちにはならなかった。

私が見ているのは群馬県側からですけど、群馬側からは頂上まで行けない?

画像はその山の頂から続く山。渓の入り口からで、もう少し進むとその山は鎮座している。

遠くに見えていたその山が、釣り上がるにつれ大きくなっていくと、登ってみたい気持ちはどんどん高まった。

多分、もっと釣り上がれば、本当に身近に、手の届きそうな感じになると。

 

調べたら、日本百名山だそうで。。。。近いうちに行くと思う。

でも、新潟県側から見て、その気が無くなるかも?

群馬側から見る山の姿に心奪われるのか?

 

巻機山という山。

山を登るという思い、初めて。

釣りに行ったよ - -
27.Jun.2019 雑記

今週の休み、よく笑いました。でも、その数十倍怒ってました?

二日のスケジュールは終わってみれば完璧。

まぁ考えてみれば、20年ぐらい、こんな川遊び。

一番の条件が”歩かないこと”

車降りてすぐに釣れて、帰りもすぐに林道に出られること。

水量とか、条件を色々考えて予定組みましたが、やはりヤマメが釣りたいんだろうなぁ・・・と。

でも、やはり晴れた昼間は難しく、完敗。

午後からの山に期待してください。。。。

二日間、相当な数のイワナは釣ってもらえたと。

両日とも尺イワナも対峙は出来ましたし・・・

特に水曜の午後はデカいの浮いているのは分かっていたので、なんとか釣って欲しかったなぁ

たぶん、サンゴーはありましたからね。

 

 

魚見つけた瞬間、緊張する!!ダメだ・・・

”毎年NZ行って、数倍大きな魚と同じことしてるでしょ?”

更には、私が隣にいても、Tonyより私の方が怒らないから緊張もしないでしょう?

 

で、結果は案の定。

魚がこっちを向いている状態で、パックリ口開けた瞬間、合わせた。。。。

魚は驚きもしないで、沈んでいきましたとさ。

私はしばらくは、腰が立たないし、歩くのも難しく、呼吸は無呼吸と過呼吸が交互に来て、酸欠状態。

 

一緒に行った人、みんな楽しんでもらいたい。

大きな魚も釣って欲しい。

でも、特にこの人には、特に。

 

釣り上がってブラインドで釣れた・・・ではダメ。

見えているイワナを狙って釣る。

 

釣って欲しかったなぁ。。。あの一匹は。

まぁ次回行ったときに釣っ”この魚でしたよ”と送ってやろうと。

楽しい二日間でした。

 

私も先輩が"タバコタイム”の時だけ釣りしました。

釣れるんですけどね?尺イワナ。

 

 

 

釣りに行ったよ - -
| 1/20 | >>