イワナ日和

7/5から8日まで”前橋七夕まつり”

7日(土曜)と8日(日曜)は店の前も車両通行止め。

駐車場も混みますので、七夕見学以外の方は街中は避けられたほうが・・・

ACROPOLISも土日は閉店時間を17時に

 

先日の現場研修は天候に恵まれ、明け方の海も凪いで綺麗。

やはりイワナには快晴が似合う!!

しかし、イワナは可愛い。。。。食べちゃいたい?ぐらい。

一日目も、も〜いいよ・・・って。

 

早めに帰って風呂に入って一杯!これも最高。

明日の朝は3時起きでサッカー応援だし。

でも、二人だけど宴会はいつも楽しい〜〜。ここは私のお気に入り。

今は期間限定で一泊二食¥6.500?

とはいえ部屋は広いし、清潔だし、言うことなし!!

相棒、全部食べちゃってますが。。。。まぁ金額的にね!贅沢言わない。

二日目の研修テーマーは”サイト”

浮いているのを見つけて、ワンキャスト!失敗してもキャストは二回まで。

それに必要な時間帯とかもあります。

サッカーみて、一寝入り&ひとっ風呂浴びて、ゆっくり川へ。

 

まぁプカプカでサイトだけで堪能。

最後は対岸の岩の割れ目にプカプカ。私と魚は向き合っていて視線感じます?

ポトっとフライ落とすと、目が合ったままパックン。

そんな時はふた呼吸おいて、よいしょっと!!

”イワナ最高!!”吠えましたよ。

 

 

まだ上流に良いポイントもあるという事でしたが、もう充分。

もう帰る・・・・

 

半年前は病院のベットで腕と首筋に点滴、そんな状態で寝たきり45日間。

こ〜して、相棒と二人しかいない山奥の空間に居られ、吠えられることの幸せをかみしめて。

あ~幸せ。

釣りに行ったよ - -
トトロの森

7月2日(月曜日)は店舗は休み。定休日と合わせ水曜まで

5日から”前橋七夕まつり”7-8は営業時間は12;00〜17:00と。

前の通りは通行止めですし、お祭り見物以外は中心部には近寄らないほうが、よろしいかと。

 

火曜水曜は私トトロの森を案内。

初日に歩く予定でしたが、前日の10時間ドライブゆえ、二日目にすることにして、初日は上流セクションの下流域。

イワナ釣りはブラインドで釣り上がるというより、浮いている魚を如何に近づき、釣るか・・・・それに尽きます。

でも、そんな釣りをしたことが無い・・・ということで、ではではそれを。

 

本命には午後に入るのがベストなので、それまでは沢で遊びます。

入渓して最初のポイントでウキウキ。

一度逃げるも”そこで食いたいんです・・・すぐに戻るから

待つこと1分?

殆どの人はNZでもモンタナでも、そして日本でも、ライズもしくは魚を見ると投げすぎます。

何度も言うのですが、興奮すると投げちゃうんでしょうね。気持ちはわかりますけど。

勝負は一回。ライフルでのハンティング。散弾銃じゃなく。弾は一発。それ外せば終わり。

 

そして本命ポイント。

私もとりあえずは”イケシャク”更新しておかないと?

ちょっと竿出します。

気持ち安らかで、こっちにも居ないかなぁ〜〜と。

居ました・・・

そろそろ帰ろうか・・・という時刻で

そこ、さっきは居なかったけど最後にもう一度・・・・で、本人”泣き尺です”

でも、泣きじゃないでしょ?

最後に計りなおせば、余裕の尺。

黄色いイワナもゲットして、まぁ良い一日。

異常なほどの渇水の中、この結果は良しと。

翌日は歩け歩け。

でも、なんだか川の様子が・・・・多分、先行者。

ということで、またひたすら歩く。

今日は数だね・・・と。しばらくして風と雨。

私のお気に入り”トトロの森”

こんな雨も苔が綺麗になって好きですし、この渇水に魚にとっては嬉しい雨。

でも、イワナ釣りは、ピーカンがいいですよね?

ということで、温泉入って、早々に帰宅して祝杯、お疲れ様〜〜〜。

楽しい二日間、有難うございましたぁ〜〜


めでたしめでたし。

 

 

 

釣りに行ったよ - -
膝いてて・・・

月曜火曜で山岳〜〜って感じで頑張って膝が壊れた?

その前に東北あったけど、あれは殆ど山岳感無いので、痛み無しなんですけど。

 

水曜はゴルゴさんが相棒。

普段単独なので、怪我とか事故考えて奥まで行けないので、行きたいんだろうなぁ〜〜。

案の定、上流セクションの下流域で普段釣りしているという話なので”では上流域ましょう!!”と。

でも、しばらくして、ど〜も膝がヤバい?

申し訳なかったけど”ゴメンナサイ、歩かないコースで!”と。

 

オオマダラ狙いなので、本命ポイントには午後。

スピナー見たものの、ダンはいつ?

例年は昼頃だけど、今年は夕方なのか。

それまで沢でお茶濁し?

お互いに釣って、先行者もいないかなぁ・・・ここから本命!!!というところで、遠くに先行者。

ど〜りで、エサ釣りでは狙わないような処から釣れたんだ・・・と。

まぁ時間も丁度よく、撤退し、足引きずりながら本命に。

プールで魚見ていたら、ゴルゴさんはあっという間に上流。

追いかけたかったけど、目の前にイワナ。

狙っているより魚より小さいけど、あいつは食いそう?と釣ったら予想より”デカッ!!”

じゃぁあの狙っているのは??大台か?

まぁヨンマルあって不思議ない・・・・

 

結局、終わってみればよい一日でした。

来週はデビ棒と歩け歩け。

最近、あいつは私がヘロヘロになるところを見たくて仕方ない様子?

それをツイッターで晒しています。

”無理しないほうがいいですよ、歳なんだから・・”気遣いなのか、バカにしているのか・・・

そのうち、泣くのはヤツなのに。。。

 

それまでに膝が良くなることを祈って!

釣りに行ったよ - -
旅のアルバム

まぁ今年は全体的に良かったと。

いつものことながら、そんなに大きなヤマメは手にしていませんが、沢山の宝石はこの手に。

最終日も林道で子熊が遊んでいて、こちらに気が付かない・・・・動画でも撮ればよかったのですが”コラコラ”と言ったら、可愛いお尻を揺すりながら消えていきました。

 

長年続いた二人旅も、9月で終了。

なんだか寂しいですが、まぁ居なくなる・・・と毎年。結局もう5-6年?今度は帰るんでしょう?間違いなく。

来年の5月という事なので、6月に10日間ぐらい放浪しようか?という計画もありますが、ど~なりますか。

 

ということで、画像を

 

釣りに行ったよ - -
職業訓練Part1

6/11(月曜日)は店舗営業は休みます。火曜水曜の定休日と重なり、三連休となります。

 

ハイライトは・・・・

真ん中ぐらいを拡大すると親子熊。

朝入ったお目当ての川で、初めて30分でこっちを確認しながら20m先から入るフライマン?

平坦な林道沿いの源流部ですので、これで終了。

明日行く予定の川に急遽行くもパッとしない。

帰るには早いので、朝一の川の下流の堰堤を見に行くと途中通行止め。

丁度そこがプールになっていて、ミドリカワゲラでぼこぼこライズ。

しかし、これが釣れない・・・・・全部釣れると思ったけど?

なので、師匠を置いて50m上流に行くと、そこでもボコボコ。

さ〜〜て!とラインを出したら対岸の笹やぶでガサガサ?よく見たら崖を登る熊。

距離15m

悲しそうにこちらを見るので”すみません、遊ばせてもらってます。危害は加えません”と深く一礼。

よく見ると足元に子熊。

興奮させないようにフラッシュ点灯しないことを確認してデジカメで。

 

ipadではわからなかったですが、PCで拡大したら、悲しそうな顔が・・・・

 

でも、あとで久保田ロッジで久保田さんに”あの食害のクマ、山一つ越えた近くですよ?”と。

私はビビりなんですが、何故か今まで3回の出会いは落ち着いていられて?

神々しいというか、威厳があって、感動します。

 

という事で、無事に北秋田。

釣りに行ったよ - -
贈り物?

火曜日は暖かい日で、ダウンを持って行ったけど、セーターで汗かく陽気。

ホームの水はいい感じ。

まぁニンコロ(ニンフをコロコロ転がすの意)で一二匹、顔は見られるだろう。。と相棒と上下に分かれて。

しかし、何もなくただ流れる二個のマーカー?

 

最後のプールでベストを脱いで汗を拭き、飲み物を一口飲もうと思ったときに・・・

ええええ、ライズ?まさか・・・

あれ、やっぱりライズ!!

慎重に、立てる最良の場所に動いて、一投目。

ど〜せ20cmぐらいの可愛いやつ!!と思っていたら竿なかなか曲がる。

 

今日は”Model S”を使おうとセットして相棒の準備を待つ間、やっぱりヤマメの最初は馴染んだあれで!

やはり、私的にヤマメ完璧竿である"GlassMaster773/4”

なので、結構曲がりますが、そんなに曲げるサイズではないと思ったら、私的にはいいサイズ。

綺麗な顔のとがったカッコいい魚。

 

なんだか、ホームの神様が退院のお祝いに?

きっとそう。

深く感謝して、終了。

 

いい解禁日でした。

今年は少し早いのかなぁ。

まだハッチは少ないけど、近々激しくなりそうな感じ?

だけど、それに合わせて放水始まるだろうなぁ〜

ということで、今年はホームを少し移動する予定。

 

釣りに行ったよ - -
2017振り返って

釣れても釣れなくても思い出は尽きませんよね。

そんな中でも、去年”えええマジでしょうか?”と思わず言った一日。

前の日に大台もいって、絶好調で初めての場所。

川は遥か、勿論見えないし、瀬音も聞こえない・・・・

”ここ降りるのはまだいいけど、絶対登りたくないね!!”と。

”大丈夫、脱渓は上流の楽な場所”

それを聞いて、ホッと。

行程の半分以上は降りる、ではなく落ちる・・・そんな感じ。

 

やっと降り立ち、前の日に大台釣って余裕の私は”ど〜〜ぞ、ど〜ぞ”と。

本流水多く、脇の流れでも、幸先の良いイワナがすぐに釣れて、また良い一日になりそうだなぁ〜〜と。

思い川に目を移せば泥濁り?

 

マジかい?

川で1時間、待ったけど清む気配なし。

ということは、あそこを登るわけ?

 

すでにこの時、お尻はなんとなくムズムズしていたんですよね・・・今思えば。

 

まぁこ〜いうこともある!!結構な確立である!!

ということ。

でも、ここは今年また挑戦しないと。

 

今年も行きたいところ一杯!!

その為のRodも着々と?

愉しみ愉しみ。

釣りに行ったよ - -
地元最終〜〜

お知らせ

9/25(月曜)お休みを頂きます。

25.26.27と定休日を含めて三連休になりますので、よろしくお願いします。

 

それと悲しいことに?また前橋祭りの季節です。

10/7-8ですが、街中は交通規制。お客様も来ようがありません?

なので、7-8は休みます。

いつも17時まで、開けていましたが、私自身店に来るのも帰るのも大変な感じですので、ご了解ください。

 

さて、最終のホーム。

何人かの方も案内しましたが、今年のホームはイマイチ。

天候不順もあるし、水が多かったので、お持ち帰り軍団の方々にやられたか?

半ば諦めていましたが、迷った挙句やはりホームに。

6月に一緒にホームを楽しんだ相棒も、仕事の関係で、あれから釣りに行けなくて、久しぶりのFF。

”期待するなよ!”と釣り始めましたが、予想に反して?好調。

サイズもまぁUpして。

久しぶりということで、私はあまり竿を出さないで、魚を見つけるのが仕事。

何か所かで見つけましたが、本人の弁としては”魚の食い方が悪い。。。”と。

そ〜かいそ〜かい〜と笑いながら進んだところで15m先でもはっきり見える魚。

やる気満々で右に行ったり、左に行ったり。

魚を確認させてから、近づく。

最初に下に降りると見えにくいから、魚の位置を岸にある目標物で確認することが大事。

ライズ待ちでも、それをやらないと、立ちこんでいったらライズの位置が分からなくなりますからね!

案の定、魚分からない・・・と。言ったのに・・・・

そして見事にスカす。

この時期の魚は神経質ですから、投げすぎたり、レーンを違えたら、一回のキャストで消えるし、不審な流れ方をしたら、パックリ食いたい状態でも、試し食いします。

 

一部始終を動画で撮ったのですが、Up出来ません?

スカした瞬間、放送禁止用語叫びながら、転がっちゃったし。。。

 

その後、予定時間を過ぎ、足早に脱渓点に。

釣れるときは時間を使いますよね〜

で、スラブを超えて、落ち込みに投げようとした瞬間、手前にポッカリ。

あれれ、落ちてた・・・という感じ?

 

最後の場所で、何気に投げたら、また釣れて?

来年の為に違う沢を見てくる計画も実行できて、ここで終了。

9時過ぎに車を出発、戻ってきたのは薄暗くなった18時。

いやはや、楽しい一日でしたが、全工程15Km強かなぁ?良く遊びました。

 

おまけですけど、ある場所で、凄いの発見。

推定、イワナの大台オーバー。相棒も思わずデカい・・・・と。

勿論、狙いましたが、倒木の中で、キャスト時に倒木を軽く蹴ったら、静かに沈んでいきました。

ホームで大台見たのは二回目。

これは来年の楽しみということで。。。

釣りに行ったよ - -
温故知新・・・

最近、使わなくなったフライの一つに”エルクヘアーカディス”

大き目なモノは”ディアヘアーカディス”ですけど、私の場合。

 

今回の旅は驚きも?

秋はフライサイズも小さくなります、今までの経験では。

見切るし、夏のようにパックリ!!ではなく、摘まむ?

最初は小さ目にパターンで釣っていましたが、いつもと違う。。。。。おおらか

 

出かける前に、先日落ちた倉庫の棚から懐かしいモノが・・・

店を始めたころフライを友人のお店とかに置いてもらったり、そんなことでもしないと食べていけない?

そ~考えて、まずはエルクから巻きました。

300本ぐらいあったでしょうか?

 

でも、フッと”こんなフライ売れるのか?”や”なんだか恥ずかしい”とか”これでお金貰うのおこがましい”

そんな気持ちに。

なので、お店で必要な方には差し上げていました。”釣れるかわかりませんよ?”と。

その残りが少しあったので、フライボックスの穴埋めに持っていました。

 

結果、これがまた釣れました?

見えていた魚も”エルクじゃ見切るよね?”でしたが、見事にパックリ。

この魚

しばらく違うフライで釣れない?で、エルクに変えるとパックリ。

 

勿論、他の要素などありますから”エルクだから釣れた”ということではなく。

最後は”ハンピー”は??と

これもまた好調。

終わってみれば、目的だったオレンジや黄色いイワナとご対面でき、更には多分5月に釣った魚と同じ魚まで?

今回は色々な発見もありましたが、まだイワナの神様は背中に居るかな?と。

最後の日は川底も黄色、イワナも黄色。。。

 

イワナを見つけるの難しいのですが、対岸の倒木をフッと見たら、陰からわずかに魚体が横にでて。。。

下流に走られましたが、まぁトラハン6Xですから、安心。

ゴールデンな綺麗な子。

晴れた谷間。行くのも帰るのも”フゥ〜〜”ですが、何物にも代えられない時でした。

なんだか台風が来そうな気配ですね。

皆さんも、秋のFFを楽しんでください!!

 

 

 

 

 

釣りに行ったよ - -
SCOTT G 初体験&お休みのお知らせ

早速、先日"SCOTT G”を。

私には曲がりを体感できるサイズは釣れませんでしたが、使い心地は体感できました。

G2に比べ、ラインを通さない状態では、然程の違いは感じられませんでした・・・

確かに、バットは入るとは言われていたので、なんとなく。

 

G2の時は772を#3で使うのが好きでしたし、お勧めしていました。

理由としては近距離での操作性に#2を使うのにはストレスがありましたので。

 

今回のG773には#3も#4も合わせてみましたが、私の手持ちの#3はテクスチャドしかなく・・少し重めのラインで使いました。

#4も持っていたのですが、試すまでもなく、指定どおりが気に入りました。

G2と比べ、やはりバットに入ってきますので、指定通りのラインをお使いになるのがBestな感じ。

イワナ釣りの場合、ほとんど強めの#4の竹竿を使う私としても、バットの入りは違和感なく、気持ち良い使い心地。

強弱の好みや、釣る範囲などを考えて、お好みで軽めのフィネスやLDL、重めのJ-Streamなどを使われるのがBest。

 

SCOTTの特性の一つが、掛けてからのTopの動き。追従性の良さ。

今回はそれを体感するまでに至りませんでしたが、来週にでも。

9/11日(月曜日)はお休みを頂きます。

定休日も重なり、11・12・13と水曜までお休みを頂きます。

でも、ブッシュの中を釣る機会が多そうなので、G773は持っていきますが、使うか・・・・

またいずれにしても、感想は気が付いたら書きますので!!

釣りに行ったよ - -
| 1/19 | >>